肺炎球菌ワクチン

ご高齢の患者さん、特に関節リウマチなどで免疫抑制療法を行われている患者さんには肺炎が発症しにくくなる肺炎球菌ワクチンの接種をお勧めしています。
定期接種として65歳以上5歳刻みのかたには保険適応があり(23価ワクチン)該当のかたには市や県から案内が来ているはずです。
接種には予約をお願いします。毎年接種する必要はありません。保険で接種できるのは1回限りです。


自費負担になりますがそれ以外の患者さんも肺炎球菌ワクチンを接種することは可能です。
定期接種外の肺炎球菌ワクチン(13価ワクチン)の自己負担による接種も可能です。

トップページにもどる