土曜日はたくさんの患者さんにクリニックを訪れていただきます。土曜日にしか受診できない患者さんも多く国公立病院が休みの土曜日は毎週混み合います。できれば他の曜日に受診をお勧めします。

ずっと家にいると、運動量が減って筋力が落ちます。家の中で運動しましょう。日本整形外科学会の推奨するロコモ対策の運動、ロコトレを紹介します。高齢者の方は特にお勧めです。
 ロコトレ
幸いにもクリニックにはマスクの準備が十分にありスタッフは毎日交換し換気清拭など感染対策をしています。

●手足や頸、腰などの痛みや動きにくさを生じる整形外科の病気や外傷、痛風や骨粗鬆症の治療を行っています。
とりわけ関節リウマチの診断・治療については患者さんそれぞれにあった最善の治療を提供するよう努めています。専任の理学療法士によるリハビリテーション治療にも力を入れています。バリアフリーはもちろんスタッフも優しく明るいメンバーがそろい”来てよかったと思えるクリニック”を目指しています。

患者さんの数、診療の難易度によって診察にかかる時間は大きく変わります。
最善の診断、治療のために全力を尽くしています。
待ち時間が長くなることもありますがご了承ください。

当クリニックはここです
緑のハイライトが当クリニックの場所です。


クリニック

診察時間☆受付は診察終了30分前までにお願いします☆

曜日月曜火曜水曜木曜金曜土曜
午前9:00-13:009:00-13:009:00-13:009:00-13:009:00-13:009:00-12:00
午後15:00-18:3015:00-18:30休診です15:00-18:3015:00-18:3013:00-15:00

土曜午後12時以降の受付は厚生労働省の認める
夜間・早朝等加算(医療費三割負担者で167円)がかかります。

●当クリニックの特徴

痛みやしびれなどの症状がどうして起こったのか。どうすれば治すことができるのか。
診断が難しい病気もありますが患者さんによくわかる言葉で説明することを心がけ、整形外科専門医のクリニックならではの密度の高い診療を行っています。
クリニックレベルではめったにない高速血液検査装置により当日検査結果が出せます(疾患によっては外部依頼検査が必要です)。X線装置は最新鋭フラットパネルで全身骨密度検査機器なら骨粗鬆症の正確な診断が行えます。
広く明るいリハビリスペースには経験豊かで有能な理学療法士と優しいスタッフ、さまざまな治療機器を設置しています。
スタッフのだれもが患者さんの苦痛を軽くするために努力しています。マックスバリュ段原店の駐車場が利用できます(有料、一部補助あり)

s_yokonaga2477.png ロビーの椅子は前列が1センチ高く、膝や股関節の悪い患者さんでも立ちやすくなっています。
ビル玄関からエレベータ、廊下も段差なし。もちろんトイレはバリアフリーで立ち上がりやすいように特注で便座をすこしだけ高くしています。

●運動器リハビリ(Ⅱ)脳血管リハビリ(Ⅲ)認定施設

リハビリスペース

 きちんとしたリハビリを行っていると認められるには、常勤の理学療法士、十分な床面積や備品などが必要です。
 国家資格を持つ理学療法士3名ほかスタッフみんなが、効果の実感できる治療を行っています。
 院長も勤務医経歴は長いのですが、私たちのクリニックの理学療法士の技術には感心しています。大きな病院では外来の患者さんにかけられる時間は限られています。外来専門のクリニックでこそできる治療、理学療法士ひとりひとりが持てる技術を尽くして行う治療はまた違う次元の治療です。

●クリニックカレンダー現在準備中です

●日本リウマチ学会専門医・評議員・認定ソノグラファー

 長い経験と診療にかける熱意、さまざまな検査に裏付けられた新しい知見に基づき、しっかりした診断と実感できる効果のある治療を目指しています。リウマチ学会の専門医であり、東京でも研修し広島では数少ない学会評議員でもあります。
 専門クリニックならではの各種院内検査機器を備え副作用対策にも細心の注意を払っています。
日本リウマチ学会の新型コロナ肺炎対策:患者さん用

上記の日本リウマチ学会が示すように免疫抑制療法のためにコロナ肺炎にかかりやすいということはないとされています。リウマチの治療を止めてしまうとリウマチが悪くなる可能性は高く、たとえ治療を再開しても病態が良くならないことがあります。

●患者さんからいただいた感謝のお手紙を掲示しています。

 毎日の診療を励ましてくれるなによりの力です。 クリニックのロビーで見ていただけます。
お手紙

Sorry, our English isn't very good. I recommend big hospital .

初診オンライン予約
 患者さんが多いときは予約時間通りに診療することができないことが多々あります。ご了承ください。
再診の予約は関節リウマチと関連疾患、運動器リハビリテーションの患者さんのみとさせていただいています。患者さんを公平に診療しています。
それでも当クリニックで診てほしい、そういう患者さんと共に歩んでいくクリニックです。
院長のブログ

政府自民党は秋以降、シップや花粉症薬の保険適応除外をもくろんでいます。痛みこそもっとも辛い症状です。食生活や運動など自分で対応すべき生活習慣病こそ自己負担にすべきで、我慢できない痛みに対する湿布薬を外すのは人の道に外れます。普通に薬局で買うと有名タレントを使ったテレビのコマーシャル代、ピカピカのパッケージ、薬局のマージンなどが含まれていてじつは医療用のほうがぜんぜん安いのです。自民党、厚生労働省に反対のメールを送りましょう。

             累計:280967 本日:69 昨日:124